リビング・アクア・ハープ(水琴窟)





水琴窟は元来茶室等の庭に設置され、
そのかすかな音を風景とともに楽しむものです。
それを室内でも同様の音色を楽しめるようにしたのが
この「リビング・アクア・ハープ」(リビング用水琴窟)です。










リビング・アクア・ハープの特徴




本来の水琴窟は底に穴を開けたカメを逆さまに地中に埋め、
底の穴から落ちる水滴の音をカメ内で響かせる構造です。

「リビング・アクア・ハープ」は、カメの口に置いた雫皿で作られる雫が、
カメの底に溜まった水に落ちる音を響かせます。
水をポンプで循環させて供給していますので、連続した音が楽しめます。










リビング・アクア・ハープの構造




循環する水の量や、雫皿の設置角度を調整することで、
色々な音色とリズムを作り出すことが可能です。
雫の大きさや落ちる間隔は偶然によって決まりますので、
奏でられる音は、スイッチを入れるたびに異なり、同じ音を2度と聞くことはできません。











リビングで聞ける癒しの音色・・・


はやめの音色





ゆっくりした音色







実物をご覧になりたい方へ・・・

展示・実演をしておりますので、「空想カフェ」へお越しください。







【場所】:空想カフェ
東京都台東区千束2-30-1
電話:03-3872-1166
入谷(東京都)駅3出口から徒歩約5分





商品仕様

■サイズ
紹興酒のカメ(9リットル用)
高さ×直径 38cm×28cm)
■重量
約8kg
■ポンプ電源
直流5V
交流100Vから付属のアダプターで作成
■適した部屋の大きさ
壁等の構造によりますが、6畳〜8畳(夜間静寂時)

■注意
・本品は発明者による試作品です。ご了承の上ご購入ください。
※部品、工作等に関しご意見を頂ければ、今後の改善に役立たせて頂きます。
・本品は組み立てが必要です。
※組み立て方や使用方法を同封して送付いたします。